【電撃文庫】 2017年7月発売の表紙とあらすじが公開 『天使の3P!10巻』『86−エイティシックス−2巻』『アルデラミン12巻』『ブギーポップ21巻』ほか【発売日】

  • 14
  • 0

・天使の3P!×10

著:蒼山サグ イラスト:てぃんくる
 念願のライブハウスでのお披露目に向けて動き出した潤たち。東京で活動している経験値の高い小学生ガールズバンドからのお誘いで競演することになったのだけど、まだまだ課題は山積みで……。
「わにゃぁ。太ももパンパンです……」
「響ったら、そんなに気に入ったの?」
「はむ、ぶらじゃーのつけ方、教えて」
 さらに霧夢たちもライブ参加を表明。
「別に、いいわよ。一度くらいなら…」
「はわわわ……情事! 憧れの情事が」
「成長、してるんだからね。私だって」
 そしてなぜかパフォーマンス力をあげるため、潤や霧夢たちを含めた全員が水着バトルに発展してしまう!?
 様々な練習や特訓を乗り越えてまた一つ成長した潤たちは、いよいよ東京のライブハウスに乗り込むのだが──。
 新たな試練を迎え、それぞれの成長過程を描くロリ&ポップ・シンフォニー第10幕!


・86−エイティシックス−Ep.2 −ラン・スルー・ザ・バトルフロント−<上>

著:安里アサト イラスト:しらび
 共和国の指揮官(ハンドラー)・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち〈エイティシックス〉の面々は、ギアーデ連邦軍に保護され、一時の平穏を得る。
 だが――彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、『隣国からやってきた戦闘狂』と陰で囁かれながらも、シンの“能力”によって予見された〈レギオン〉の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。
 少年たちは、そして幼き少女はなぜ戦うのか。そして迫りくる〈レギオン〉の脅威を退ける術とは、果たして――?
 シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く、〈ギアーデ連邦編〉前編!
“――死神は、居るべき場所へと呼ばれる”


・GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 縁と花

著:川上 稔 イラスト:さとやす(TENKY)
 武蔵が英国の傭兵として代理参戦し、その存在を世界に知らしめたアルマダ海戦。その終戦後、武蔵の補修にIZUMOへと向かった武蔵は、理由不明の着港拒否を受けてしまう。「おい! 誰か何かしたか!?」うん、最近、何かしてばかりじゃないかな?
「待て、これは三征西班牙や六護式仏蘭西の陰謀だ!」
 陰謀論キタア──! 立花夫妻、英国女王の姉メアリの武蔵移住がホットな中、武蔵はある重要人物の来訪を受けていた。
「極東のあり方を決める度胸はあるか?」
 極東のあり方が変わるとメアリ達の住居や生活も影響を受けますよ? 戦争しゅきぃ、がまだ発覚してなかったいい時代。その中で、教皇総長も手を焼いたという人物の突然の訪問に、トーリ達はどう対応するのか?
 大好評の『境界線上のホライゾン』サイドストーリー第三弾。今回は点蔵の未来嫁メアリ絡みの事件を、またもや梅組女衆が捏造回想で解決だ!!


・ねじ巻き精霊戦記  天鏡のアルデラミンXII

著:宇野朴人 イラスト:竜徹
 カトヴァーナ帝国、キオカ共和国、そしてラ・サイア・アルデラミンによる三国会談が、いよいよ開幕した。
 キオカの執政官アリオ・キャクレイや、ラ・サイア・アルデラミンのイェナーシィ・ラプテスマ教皇といった一筋縄ではいかない面々に、一見場違いとも思える科学者アナライ・カーンが加わることで、会談は思わぬ方向へと転がっていく。
 その中で、宿敵同士のイクタとジャンは、周囲で見守っているシャミーユやルカーンティ、ミアラたちが呆れるほど、まるで子供のように自らの感情をぶつけあい、激しく火花を散らすのだった――。
 これまで語られることのなかった世界の謎が、ついに明らかになる衝撃のXII巻!! いよいよ佳境へと向かって加速する物語から、決して目を離すな!!!!


・ブギーポップ・ダウトフル 不可抗力のラビット・ラン

著:上遠野浩平 イラスト:緒方剛志
 君は自分が正しいことをしてると思うかい? 何も間違ってなくて、悪いのは他のヤツのせいだと? でもほとんどの人間が君と同じように考えているから、正しいことを決めるのは絶対に不可能なんだよ。それがわからないと、逃げ出し損ねたウサギのように狩られるだけさ。その相手が炎の魔女になるか、死神になるかは君次第だけどね――街から少年少女が消える〈計画〉を巡って、九連内朱巳と羽原健太郎、二人の天才が対立する。互いの姿を相手に見せない息詰まる頭脳戦の果てに待つのは、しかし彼らの想像も及ばぬ混沌と虚無の産物“ラビット・ラン”だった。何もかも踏みにじり、一切の反省を持たない無邪気な悪意が拡散し、世界が抵抗不能の破滅に汚染されていくのを彼女らは阻止できるのか……?
 重要人物たちが激突する、ブギーポップ待望の最新刊!

 

・オリンポスの郵便ポスト2 ハロー・メッセンジャー

著:藻野多摩夫 イラスト:いぬまち
「地球人類は火星を見捨ててはいません。我々は皆さんを助けに来ました」
 オリンポス山の麓に不時着した謎の宇宙船に乗っていたのは、地球の全権大使を名乗る少女・メッセだった。
 八十年ぶりに再開される地球と火星の交信のため、エリスは彼女を火星の首都・エリシウムへと送り届けることになる。
 目的地に至るため、過去の戦争により汚染された死の渓谷《ルクス・グラーベン》を渡る二人の危機を救ったのは、かつてのクロの面影のあるレイバーだった。
「お願い! クロ! 目を覚まして!」
 そして死の渓谷に隠された施設で彼女が見たものとは――。第23回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》受賞の感動作、第2巻登場。


・手のひらの恋と世界の王の娘たち(2)

著:岩田洋季 イラスト:白もち桜
 美哉、激震!? 学園で開かれる、羊子主宰の舞踏会に、彼女の父である“第二世界の王”がやってくる。
「第六回H&M会戦略会議開始ですわーっ」
 2人のラブを猛アピールして、親公認カップルにすべく、120%増でハッスルするH&M会だったが、なぜか羊子派と美哉派とで内部分裂してしまい――。
 美哉派は、万が一にも帝太子の逆鱗に触れ、美哉が学園を「クビ」になったら一大事! ということで、2人の将来のためにも、美哉は羊子の部屋を出ることを決意する。
 入学以来、初となる別居生活。美哉成分激減でヨロヨロ状態の羊子をよそに、美哉は他の王の娘たちの部屋にお泊まりすることになって――!?
 手のひらに残るのは世界か恋か――それとも破局か!?


・転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ!3

著:真代屋秀晃 イラスト:nauribon
 正義の心を持ちながらも「暴虐」の二つ名が定着してしまったユウト。いまや闇ギルド『ジーザス・スプラッタ』はエアノイト最凶という悪名が知れ渡っていた。
 そんな冒険者の街に間諜任務で派遣された魔族の少女デステリア。ユウトたちを要注意人物として監視対象とするのだが、彼女が見たのはやはり「暴虐」の名にふさわしい蛮行ばかりで……。
 さらに打倒魔王軍を掲げる高名な勇者一行が訪れて、街はお祭り騒ぎに。ユウトたちも勇者に取り入ろうと接触を図るが、ベルシーヌが考案したとんでもない接待で現場は混乱の渦に巻き込まれる!
 やがて魔族と勇者を巻き込んだ全面抗争にも発展!? ポンコツギルドが巻き起こす、暗黒ジョブ系コメディ第三弾!


・叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士

著:杉原智則 イラスト:魔太郎
 邪神カダッシュをこの世に降臨させ、全土統一をもくろんだランドール王国。しかしその野望は達成寸前で六人の英雄によって阻まれた。
 戦後、現状を探るべくランドールに赴いた英雄の一人<竜戦士>ギュネイ。そこで彼が目にしたのは、戦勝国による容赦ない略奪、狼藉や身勝手な戦後処理によって荒廃する国土と苦しむ民衆の姿だった。
 見かねて手助けしてしまったギュネイは、うっかり救世主、<黒狼の騎士>として名を馳せてしまう。意外としたたかなランドールの姫や、かつて刃を交えた仇敵と正体を隠しながら共闘するのも一苦労、そして対する敵は以前は肩を並べて戦った戦友で?
 英雄による邪神王国復興物語、開幕!


・少女クロノクル。 GIRL’S CHRONO-CLE

著:ハセガワケイスケ イラスト:ゆあ
 少女は「なにか」を求めていた。 家族からのあったかい「愛情」を求める少女。まわりと自分を比べて「劣等感」に悩む少女。親友との「友情」に悩む少女。過去の「挫折」に悩み、今ももがき続ける少女。
 どんな時、どんな年代でも少女はちょっとしたことで悩み、傷つき、そして大きく成長するもの。
 そのきっかけには大切な「出会い」があり、その傍らにはランドセルが……。
 これは、少女たちの『想い』をめぐる物語。

 

・ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事

著:世津路 章 イラスト:フカヒレ
 魔族と人間が永く争い続ける世界――誇り高き騎士執事の血統に連なる魔族の少年アーティは、主からある使命を受ける。それは人間界に潜入し《魔族殺し》の二つ名で畏怖される人類最強の女傭兵アンナ=L・アンダーソンを“抹殺”すること――だったのだが、ひよっこの彼は呆気なく生け捕りに……。見逃すための交換条件としてアンダーソンが提示したのは、“身の回りのお世話”だった!?
 美味しい料理の用意、お部屋のお掃除、挙句の果てにベッドの上では抱き枕……クツジョクな日々の中、果たしてアーティは任務を無事遂行できるのか!?
「では頑張って、わたくしを殺してくださいましね」
 ぐーたら最強女傭兵VS少年羊執事。おねショタファンタジー、ここに開幕!


・レンタルJK犬見さん。

著:三河ごーすと イラスト:ユメのオワリ
 レンタルビデオ店TSURUYAで働く柴崎涼介は……
「お仕事の相談なんですけど、わたしと付き合ってください!」
 新人バイトの犬見美咲から告白される。
 日本一有名なJKである犬見さんは、成績優秀、運動神経抜群の完璧美少女。しかし致命的なほどの映画オンチだった!
「柴崎さんが映画好きしか愛せないというなら、映画を好きになってみせます! だから、一人前の店員になれるように、わたしを調教してください!」
 一途でカワイイ後輩からの(病的な)アプローチをかわしながら、柴崎は仕事を教えきることができるのか!?
「もう付き合っちゃえよ」と言いたくなる。ステップアップお仕事(ラブ?)コメディ、始まります。
 この夏、4コマ漫画のような日常が紡がれる。


・青の聖騎士伝説 LEGEND OF THE BLUE PALADIN

著:深沢美潮 イラスト:米田仁士
これは『フォーチュン・クエスト』の戦士クレイ・S・アンダーソンの曾祖父であり、勇者デュアン・サークとも共に戦った、<伝説の青の聖騎士>クレイ・ジュダ・アンダーソンの冒険譚。
 解呪の力を秘めた伝説の名剣シド、トラップの曽祖父でもある終生の友ランドとの出会い、若き日の恋の思い出……単行本に収録された三つの章に加え、『新フォーチュン・クエスト』本編でも語られた、美しいエルフ・ロスマリノとの冒険のエピソード「ロスマリノの章」を書き下ろし収録。ファン待望の文庫版!!


公式サイトはこちら
アルデラミンのあらすじ中々気になる 
86はタイトル的に3巻が出ることが確定かな? 
ミス・アンダーソンは主人公可愛いしちょっと買ってみたいかも
魔法科高校の劣等生(22) 動乱の序章編〈下〉 (電撃文庫)
佐島 勤
KADOKAWA (2017-06-09)
売り上げランキング: 1

新刊&最新情報&速報 > 表紙イラスト&あらすじラノベレーベル > 電撃文庫電撃文庫

「表紙イラスト&あらすじ」カテゴリの最新記事

「電撃文庫」カテゴリの最新記事

コメント一覧

1. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 18:37:11 ID:ExOTQ2NjA▼このコメントに返信

やっぱ86は一巻エピローグより前の話なのか
うーんこれは悪判断だなあ

0 0
2. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 18:45:22 ID:gyMDczNTA▼このコメントに返信

86そこまで面白くなったけどな
22巻のお兄さまぶっさいくやな

0 0
3. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 18:51:01 ID:k4NjU4MjA▼このコメントに返信

※2 どう見たら達也にみえるんだ?

0 0
4. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 19:43:53 ID:Q5NTA0NDA▼このコメントに返信

※2
お前、目が……!

0 0
5. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 19:57:10 ID:g0MzkzNTA▼このコメントに返信

※2
どちらかというとロクアカのグレンやろ

0 0
6. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 20:47:12 ID:Y5Nzc3MjA▼このコメントに返信

※2
あちゃー

0 0
7. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 20:53:30 ID:YxMTM1NjA▼このコメントに返信

※2
集中砲火で草

0 0
8. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 21:01:25 ID:Q4MDQxNDU▼このコメントに返信

脊髄反射で批判しようとするとロクな事にならない好例

0 0
9. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 21:38:28 ID:U3MzI5NDA▼このコメントに返信

コメ2を見て、ん?と思ったらその後の怒涛の集中砲火で草生えた

0 0
10. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 21:42:42 ID:c2MjM2MTA▼このコメントに返信

※2
今日の生贄

0 0
11. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月10日 22:17:11 ID:ExODU0NTA▼このコメントに返信

ブギーポップってまだシリーズ続いてたんだな
勝手に完結済みの昔のラノベってイメージ持ってた

0 0
12. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月11日 03:18:17 ID:IxNjAyMjc▼このコメントに返信

すまんがワイも一瞬お兄様に見えたw
よく見たら後ろで髪結わえてんだなこれ

0 0
13. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月11日 10:36:45 ID:A0NjcwNzU▼このコメントに返信

86の2巻出るのはすごく嬉しいけど、レーナ合流前の話なのか…。1巻でお互いを認知し共闘しつつも直接出会う事のなかった2人が出会って、あのエピローグの後にどんな会話をしてどんな関係になるのかが気になってただけに残念ではある。
ただまあ新天地にシン達が到達した直後の話をしっかりやるのは今後この地を舞台にシリーズを続ける為の地盤固めだろうから、メタ的な視点では2巻にして先行き明るくて良かったかな。

0 0
14. 名無しのラノベ読者さん 2017年06月14日 14:14:35 ID:Q4NDI4MTg▼このコメントに返信

※11
ブギーポップは基本1冊完結だから完結詰みと言っても間違ってない
続き物ではなく、同じ世界を舞台にした別の話

上遠野浩平の小説はブギーポップ以外も大体そんな感じだね

0 0

不適切なコメントは禁止です