「漫画家」と「小説家」どちらが大成しやすいのか?

  • 70
  • 0
fbe451f1-s

10 2016/06/05(日) 22:04:57.01 ID:.net

小説家より漫画家の方があたったらでかそう

だけどその分外れたら悲惨な気がするな兼業難しそうだし

ジャンプで連載勝ち取ったとしても必ず金持ちになれるわけじゃないんだよな多分



25 2016/06/05(日) 22:06:35.85 ID:.net

>>10
漫画の方が競争凄そうだな



37 2016/06/05(日) 22:07:41.83 ID:.net

>>10
ジャンプなら一応連載出せたらすぐ打ち切られても1巻は出せるはず
マガジンに負けてた頃のジャンプの底辺漫画家はどうやって生活してたのか気になるが
チャンピオンクラスになると単行本出ないケースがあるから連載だけでは全く喜べない



38 2016/06/05(日) 22:07:52.10 ID:.net

>>10
12週打ち切り漫画家とかは救いなさそうやな
絵がまあまあだったら原画マンとしてどっかで拾ってくれるかもしれんけど



41 2016/06/05(日) 22:08:02.83 ID:.net

>>10
連載勝ち取っても短期打ち切り喰らっちゃったらなぁ




17 2016/06/05(日) 22:05:59.16 ID:.net

じゃあ漫画描くわ
かわいい女の子の四コマ描いたらいいんだろ



21 2016/06/05(日) 22:06:15.94 ID:.net

ブログで連載とった今度こそ頑張ろうとか書いてる人いて
でも10週で打ち切りでまた借金が増えたとか嘆いてる人みて
現実の厳しさを知った




29 2016/06/05(日) 22:06:56.36 ID:.net

週刊漫画家なんてほかの全てを全て犠牲にしてやるしかないからな。

それで売れなきゃぽいなんだから怖すぎる。
なろうから書籍化は会社員でも充分狙えるから楽しいよな。

書籍化決まるまでは。



33 2016/06/05(日) 22:07:13.51 ID:.net

4コマだと1人でも出来るからまだ楽か



35 2016/06/05(日) 22:07:24.36 ID:.net

パソコンどころかスマフォがあれば曲がりなりにも小説家になれる可能性はあるが
漫画家はペンやら紙やら揃えるところから始まりプロになったらアシ雇ったりしなきゃいけない
今は漫画家もデジタルに移行してるんだっけ




66 2016/06/05(日) 22:11:54.96 ID:.net

>>35
移行してないのもゴロゴロ居る
漫画家は手書きで、アシがデジタルて場合もあるけど



45 2016/06/05(日) 22:08:27.37 ID:.net

ワンピースなんて正直化け物だからな



50 2016/06/05(日) 22:09:23.85 ID:.net

マンガは売れるとすぐ数百万部いくけどな
億万長者にはラノベよりはるかに近い



56 2016/06/05(日) 22:10:00.65 ID:.net

>>50
漫画の場合書籍化までが遠そうだな



64 2016/06/05(日) 22:11:09.11 ID:.net

>>50
売れればな



91 2016/06/05(日) 22:14:13.59 ID:.net

プロになっても食えない漫画家なんて掃いて捨てるほどいると思うぞ



104 2016/06/05(日) 22:15:51.65 ID:.net

ラノベ作家は賞味期限が早い
一部以外は使い捨ててるイメージ



15 2016/07/02(土) 08:39:20.99 ID:VXOFVzKXe.net

夢見て消えていくであろう漫画家たちがTwitterにたくさんいそう



32 2016/07/02(土) 08:47:06.55 ID:71MEI2X70.net

小説家の方がいいだろ

XRWFkUn


片手間に書いて印税これだけやぞ



34 2016/07/02(土) 08:48:05.10 ID:eACYaE2s0.net

>>32
部数が段違いやぞ
小説なんてよっぽどの売れっ子以外は小遣い程度の収入しか無い



42 2016/07/02(土) 08:51:20.52 ID:Jjla/wA/0.net

>>32
これ森博嗣か?
すげえ儲けてんな



44 2016/07/02(土) 08:53:04.73 ID:TDhdxnhR0.net

>>32
むしろ森博嗣でもこの程度止まりって小説家夢がなさ過ぎるやろ
そら東野圭吾はアホみたいに乱発しまくりますわ




51 2016/07/02(土) 08:55:20.17 ID:9wg2C5GTK.net

原哲夫のパチンコスロットでの著作権使用料180億円www



60 2016/07/02(土) 08:57:48.94 ID:61kyZtKI0.net

>>51
初代北斗と競り合ってたあの頃の大都を返して



76 2016/07/02(土) 09:02:21.44 ID:ZqBqIsKo0.net

秋本がAKBだけで稼いだ印税以下という事実



78 2016/07/02(土) 09:03:12.58 ID:2nJnc7KBd.net

>>76
あいつ何の為に働いてんだろ
黙ってても使えない額毎年入ってくるのに



80 2016/07/02(土) 09:04:31.48 ID:Jjla/wA/0.net

小説家は兼業多いけど漫画家はなかなか難しいんかな?



25 2016/07/02(土) 08:45:23.69 ID:9rwSF9CNa.net

パン屋の方がボロすぎ。
100円のパン10個売るだけで1000円の儲けやぞ




31 2016/07/02(土) 08:47:04.66 ID:gvrWkn1SH.net

>>25
原価ゼロ円定期



29 2016/07/02(土) 08:46:21.24 ID:avo3M8TDr.net

>>25
パンはどっか実になってるのを収穫するんですかね



35 2016/07/02(土) 08:48:18.37 ID:GL1fWfyP0.net

>>29
表現すこ



72 2016/06/05(日) 22:12:28.55 ID:.net

プロにはなれる人多いけど
年収だと千万以上のレベルになれる人が限りなく少ないってイメージだわ<ラノベ作家

漫画家はその逆のイメージ



つまり漫画家と小説家両方やれば最強

なんでそうなる・・・

ONE PIECE 82 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2016-07-04)
売り上げランキング: 2

ラノベ作家 > 雑談小説家漫画家

「雑談」カテゴリの最新記事

コメント一覧

1. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 20:29:22 ID:A5NzM4NDI▼このコメントに返信

すごい不思議なんだけどなんでラノベ作家は成功しない前提で、漫画家やエンタメ作家は成功した前提で話が進むのw

0 0
2. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 20:44:06 ID:MA==▼このコメントに返信

ラノベ作家は漫画家の様にホームラン複数打てるのが極端に少ない

0 0
3. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 20:47:33 ID:kyNjYxMjk▼このコメントに返信

ハリポタはワンピを超えてるという事実。
ラノベも夢がありますよ。いやまあラノベである分ハリポタより売れにくいだろうけど。

0 0
4. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 20:54:01 ID:A5NzM4NDI▼このコメントに返信

>>2
俺、漫画家も一発屋のイメージだな。
いやもちろん一度当てたら漫画はすごい印税なんだろうけど。
ラノベ作家の人数と漫画家の人数で比較すれば複数のヒットを抱える作家ってそんなに変わらないような気がする
エンタメ作家はむしろ毎回の単発で評価されるから買い続けられるイメージだけど

0 0
5. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 20:58:24 ID:c3NjI2NTg▼このコメントに返信

小説家とラノベ作家で全然違う。
ラノベはオタク受けに特化したことで、売れやすくなってる部分はあるけど、どんなに売れても単巻で百万部とかは行かない
一般の小説家は、底辺連中は初版5000部で、一冊書いて五十万円以下とかザラだけど、大ヒットすれば映画化ドラマ化で一気に売れる
作家の印税収入で平均値取ったら一般の方が圧倒的に上だろうけど、中央値ならラノベ作家の方が上だと思う

0 0
6. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 20:59:44 ID:AxNTExMDk▼このコメントに返信

小説家→一般なら年1か2、ラノベなら年3か4の出版でいいので兼業できて続けやすい
漫画家→基本的には週刊誌や月刊誌に連載前提でかつ作業時間が小説より必要だから兼業はほぼ不可能
だから個人レベルの話で考えると小説家の方が長く続けやすくて成長しやすい
あと新人に限って考えると漫画家はアシ代等で原稿料だけでは赤字らしいからな
単行本出版してようやく生活できるとか何とか
小説家は必要な費用としてはPCの電気代と資料代と取材をすれば交通費くらいだろうから出版すれば赤字になることはまずないし
ハイリスクハイリターンとローリスクミドルリターンといったところか

0 0
7. 名無しのレーベルさん 2016年07月11日 21:00:17 ID:c1ODI0NzY▼このコメントに返信

ミリオンまで届く率は漫画家のほうが高そうだけど、スレでも指摘されてる通り兼業とかは不可能だからな
漫画家のほうがハイリスクハイリターンってことだろう

0 0
8. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:02:22 ID:MA==▼このコメントに返信

きらら系4コマとかは副業で描いてる人多いぞ

0 0
9. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:02:37 ID:A5MjYwMjM▼このコメントに返信

漫画描けたらイラストでも行けるし潰しが効いていいとおもう

0 0
10. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:04:49 ID:A5NzM4NDI▼このコメントに返信

ちなみにsaoのラノベの単巻は巻数と平均したら今いくらぐらいなん?

0 0
11. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:07:53 ID:MA==▼このコメントに返信

※4
手塚・石ノ森・藤子・赤塚・梶原・浦沢・留美子・あだち・鳥山・冨樫・イノタケ・矢沢・荒川etcレベルがいるかという

0 0
12. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:10:22 ID:IwODExMTU▼このコメントに返信

>>6
ラノベ作家・・・・・・・・出版社側のバックアップで漫画化、アニメ化の可能性有り。
なろう作家・・・・・・・・複アカ、なんでも有り、兎に角「書籍化」
             儲かれば手段を択ばず、出版社側も使い捨て易い。

0 0
13. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:18:42 ID:A5NzM4NDI▼このコメントに返信

>>11
だからラノベに限れば作家のもともとの人数が違うし漫画のほうが歴史が古いw
ヒットの規模も小説と漫画では違うw
もっといえば、ラノベから一般に転向した小説家も含めればラノベ作家も健闘してるでしょ
夢枕、冲方、川原礫、脱税したオークラノベ作家、小野不由美、有川浩、長谷敏司、桜庭一樹etc
むしろ漫画家よりネームバリュー的に元ラノベ作家の奴らのほうが威厳あるんだけどw

0 0
14. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:22:19 ID:AxNTExMDk▼このコメントに返信

>>10
ちょっと調べてみたら累計発行部数が約1700万部(2014年12月の時点なので今はもっと多い)で本編17巻、プログレッシブ4巻の21巻だから80~81万部/巻かな?
映画効果で伸びるだろうし平均100万部いくかもなー

0 0
15. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:22:40 ID:A5NzM4NDI▼このコメントに返信

>>13
あと氷菓の米澤とかも
こう見ると、漫画家は当たり前だけどたいてい漫画でとどまるけど、ラノベは小説のひとつのジャンルだから、移行していく奴らが多いな

0 0
16. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:25:19 ID:A5NzM4NDI▼このコメントに返信

>>14
ありがとう
平均してそれならけっこうすごいな

0 0
17. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:37:03 ID:k4MTU3OTA▼このコメントに返信

欧米のラノベの設定やストーリーって何十年も前に日本のSF漫画家がやりつくした感じだからお前らが英語堪能になって、適当に書いたらハリポタまで行かなくてもトワイライトくらいは軽く超すんじゃね?

0 0
18. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:40:10 ID:Q4ODk4Mzg▼このコメントに返信

まぁ完全な権威主義だけど個人的に有名になってお金を稼いで、人前で堂々と言える職業は小説家だな
漫画家とラノベ作家はなんか恥ずかしい
小説家だと有名な賞とってると講演会とかもできる文学者扱いになるから、文学賞とってるなら頭よさげだし
漫画賞やこのラノベすごいで賞もらってもwwww

0 0
19. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:46:02 ID:Q4ODk4Mzg▼このコメントに返信

※17
じゃぁ欧米のラノベじゃないSF小説はどうなん?
日本人がどれだけ言おうが漫画の地位は世界的に低い。それは認めようよ?

0 0
20. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 21:48:21 ID:Q4ODk4Mzg▼このコメントに返信

漫画家はどう足掻いても漫画家
ラノベ作家は足掻けば直木賞作家、文壇のひとり

0 0
21. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 22:53:48 ID:M1MjM3MzI▼このコメントに返信

※6
週間じゃなきゃアシ代少ないかそもそもいらないで
だからといってページいっぱいもらわないと原稿料も少なくなるから生活満足にできるかといわれると微妙やけど
あと月間は兼業わりと多い

0 0
22. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 23:18:52 ID:AwMTM5NjE▼このコメントに返信

>>21
月刊で作画負荷が少ない作品は兼業多めやな

0 0
23. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 23:27:46 ID:gzOTM0MDA▼このコメントに返信

新人賞応募数でいうと、ラノベ作家の方がずっと競争率高いんじゃないっけ
売り上げは漫画の1億部とラノベの1千万部が同じくらいの難易度と聞いたような
人数は現役漫画家が5万人で、ラノベ作家が5千人とも聞いたような……
小説家はアシスタントなんか使わないから、その辺のリスクは低そう
週刊誌漫画家ほど時間も拘束されないし

0 0
24. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月11日 23:59:18 ID:U2NjgzMTI▼このコメントに返信

個人的な感想だけど、極論”小説家”って職業は話作りのセンスと最低限の国語力&表現力があれば応募作品は作れる。
漫画家はそれプラス綺麗or格好いい、或いはかわいい絵が描けないと応募すら出来ないから、技術的な部分ではやっぱり漫画家の方が大変だろうし、それに見合うリターンも得やすいと思う。

0 0
25. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 00:31:24 ID:Y5MjY4NjQ▼このコメントに返信

>>24
漫画家はそれプラス綺麗or格好いい、或いはかわいい絵が描けないと応募すら出来ないから、技術的な部分ではやっぱり漫画家の方が大変だろうし、それに見合うリターンも得やすいと思う。>>
なんか漫画かわいそう。だってこれだけ技術的にできても、ただの消費メデイアに過ぎないんだもん。小説みたいに学問として扱われるだけの素質が漫画にはないんだな。本当にかわいそうwwww 漫画みたいな漫=くだならない画を描くなら美術の芸術学べばいいのに

0 0
26. 名無しのレーベルさん 2016年07月12日 00:35:58 ID:MxMjI1OTI▼このコメントに返信

>>12
なろう作品も次々にコミカライズが決まって、アニメ化の道も開けつつあるけどな
出版社にしてみれば売れる作品を書けるか書けないかが重要であり、出自なんてどうでもいいんだよ

0 0
27. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 02:27:30 ID:AyODE5MjA▼このコメントに返信

※20
小説家はがんばれば都知事になれる!みたいな話だなぁ

0 0
28. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 08:10:09 ID:U2NjEwMzI▼このコメントに返信

漫画家も頑張れば空港に名前がつくぞ
全世界で大ヒットするバットマンやスーパーマン等の
アメリカンコミックみたいなのもあるし

0 0
29. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 08:46:45 ID:M0MTI0OTY▼このコメントに返信

※28
違う違う
俺が言いたいのは漫画は娯楽の域を出て学問として芸術として評価されることはこれからも一生ない消費メディアってこと
それがふびんだなってwwww

0 0
30. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 10:47:16 ID:MA==▼このコメントに返信

権威主義者乙だな

0 0
31. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 11:13:44 ID:kyMTE0ODA▼このコメントに返信

漫画でも哲学的な作品普通にあるよ。文学的な評価を得ている作品もあるし、芸術作品として評価されてる作品もある。
文学だからって唯の摸倣から抜け出せないような作品ばっか揃えて権威だとかいってる人達と、結局漫画だからって馬鹿にする人達は似たような裸の王様状態にみえる。

0 0
32. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:06:08 ID:M0MTI0OTY▼このコメントに返信

※31
文学っていうからには学問でないといけないよ?
漫画は学問になりえるの?
国語でやるの?美術でやるの?
どっちも無理無理
だって恥ずかしくない? 尊敬する作家は誰ですか、って聞かれて、手塚おさむって答えるの? 漫画家の名前も作品も知らなくても無知とは言われない
でも、学問であり芸術である文学の作家.作品を知らないのは無知と呼ばれるよw?
それぐらいの差が文学と、漫=くだらない画にはあるってことwwww
わかる?

0 0
33. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:10:58 ID:MA==▼このコメントに返信

明治時代に小説がバカにされてたのを知らない子か
そもそも「小」って時点で侮蔑語みたいなもんやで
当時は漢詩を諳じられるのが文系インテリの証

0 0
34. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:26:33 ID:M0MTI0OTY▼このコメントに返信

※33
うーん、やっぱりラノベ読みって馬鹿ばっかりなんだな、ちゃんと大学で文献とか読んだことあるw?
もともと、現在でいう文学は、昔の大説と小説から成ってる
で、小説の由来は、些細な(小さき)日常の出来事から物事を説いたことに起因する
つまり、政治やら国家について説いたのが大説で、日常の出来事に対する主張、空想の話を説いたのが小説、それをまとめて今は文学っていうの
小説の言葉は決して揶揄ではない
それに、文学でいえば、帝王学の書物なども含まれるから、昔から馬鹿にされてたというのは全くの嘘、だって偉いやつらが勉強してたんだからw

0 0
35. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:28:59 ID:M0MTI0OTY▼このコメントに返信

※33
あと俺が話してるのは文学
わかる?
文学のこと?
漢詩も文学ですよ
わかります?
わかんないか
馬鹿だもんな

0 0
36. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:33:40 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

てか、漫画が文学と肩を並べてると思ってるのは日本人ぐらいでしょww
アメコミでさえ、アメリカだと子供の読み物でってイメージが強くて
もっといえば、日本のマンガは学生ばっかの魔法ばっかの、それよりさらに子供向けの読み物って思われてるのにww
あとアニメもww

0 0
37. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:40:49 ID:MA==▼このコメントに返信

ラノベまとめサイトでイキってる高学歴ニートって悲しいな…

0 0
38. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:43:33 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

そもそも現在大学で漫画批評は実際にあるんだけどなあ

0 0
39. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:46:06 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

そもそも戦後からこっち、手塚治虫を馬鹿にできる文学家なんて何人いるんだよって話
星新一は赤塚不二夫と仲よかったこととか知らなそう

0 0
40. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 12:58:21 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

本当にお前らバカばっか
そもそも漫画っていう表現が稚拙、何あの漫画の顔に吹き出しww
戦後の作家、第二次戦後派作家って呼ばれる奴らがいるの知らないのwwww?
調べてみれば、あ、でもお前バカだから知らないかwwww
あとさ、星新一wと赤塚不二夫が仲良いのとなんの関係があんのwwww?
大学でマンガ批評があるについてはノーコメントで、ラノベでさえあるらしいからあっても仕方ないww

0 0
41. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 13:00:40 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

あと俺はid、pJkRJ7Dq0と同一人物だから
お前らより頭のいい高学歴ニートだから

0 0
42. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 13:14:33 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

ちなみに「漫画」って言葉を生んだのは葛飾北斎だけど、
日本の文学家で北斎より知名度高い文学家なんているのかっていう
村上春樹がノーベル文学賞? HAHAHA!

0 0
43. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:03:00 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>42
葛飾北斎wwwwwwwwwwwwww
ノーベル賞でいえば、川端康成、大江健三郎でしょ。
あとさ葛飾北斎が今の漫画家と同じなのwww?文学の形態は明治以降エンタメ小説の台頭ぐらしかさほどの変化はないから、元の由来は俺の話した通り明治以降に起因する。でも、葛飾北斎の使った漫画は決して今の漫画と同意語ではない。もともとあった漫画という言葉をコミックが拝借しただけのこと。むしろ、まったく別もの
何度も言うけど、俺は明治以降の今と同じ文学の定義で話してる、だから、漫画も今と同じ定義として使われ始めた明治以降の話でしてるの? わかる?葛飾北斎の絵を見れば今の漫画の起源でもなんでもないことがわかると思うんだけどwww
コミックが漫画という言葉を利用しただけ、で、その時の漫画は世間的には漫=くだらない画という意味合いとし多くの人が認識してたのww

0 0
44. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:07:35 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>42
てかさ
葛飾北斎と今の漫画家がどうやったらつながるのwwww?
葛飾北斎の使った漫画はくだらない絵って意味合いではなかったでしょ、確か
でも、明治以降、コミックが輸入され始めて、それを、もともとあった言葉で日本人が揶揄を込め(今のライトノベルと同様に)、漫=くだらない画にしたの
わかりますか?
わからない?
やっぱりお前も馬鹿か

0 0
45. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:19:56 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

すまんなwwwwww
ちゃんと説明してなかった部分もあったわ
大説、小説をまとめて文学と呼ぶようになったのは明治頃のこと
ただ、その時点の、小説は、エンタメを含めるという考えはまだなく、思想なんか強く反映されたあくまで小説を文学にしてた、そして大説という観念は文学という言葉の誕生に意味をなさなくなり消滅した
まああんまり話の趣旨とは関係ないけど

0 0
46. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:29:53 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

>>43
「北斎漫画」には今の漫画に連なる表現(動きを表す動線など)が見られるんだけどね
旧仮名使いや漢詩の文学と今の小説が同じもので北斎漫画と今の漫画は別ってのは都合良すぎだろニートくん
あと葛飾北斎は印象派に影響与えたけど日本の文豪は海外でどれぐらい評価されてんの?
デビルマンや鳥山明にも劣るんじゃないの?

0 0
47. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:32:24 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

>>44
>でも、明治以降、コミックが輸入され始めて、それを、もともとあった言葉で日本人が揶揄を込め(今のライトノベルと同様に)、漫=くだらない画にしたの

ソースよこせ
そもそも漫画の「漫」はそういう意味じゃないんだが
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/210301/meaning/m0u/

コレが悪い意味なら徒然草だってアウトやん

0 0
48. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:36:01 ID:MA==▼このコメントに返信

今どき文学でドヤ顔するとか10年前のFate厨だけだと思ってたわ

0 0
49. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:44:32 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>46
はーい、またバカが釣れたwwwwww
めんどうだから簡潔にいうけど文学というのは、漢文も古典も含めて、文学といいますよね? それは明治以降からずっとそうです。
でもですよ? 今の漫画を北斎の絵の延長線上に入れることってどう考えても無粋でしょ。確かに同じ絵ではあるけれど、今の漫画の形態を作ったのどう考えても北斎ではなく海外のコミック。例えるなら、今のラノベ、携帯小説を文学に含めるのと同じぐらいおかしい
あとさ、文豪の海外での評価は自分で調べて、書くのがだるい。あと、デビルマンや鳥山明ってただの道化。文学は学問で世界中で研究されてるし日本文学もその対象になる
それだけで、説明十分でしょwwwwwww

0 0
50. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:49:03 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

はいソース無しw
まあ社会に価値無しと判定された人間の教養なんてこんなもんですよ
そもそも文頭に草生やすやつの語る「文学」とか説得力の欠片も無いわ

0 0
51. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:49:29 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

文頭じゃねえ文末だ>>50

0 0
52. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:49:38 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>47
そういう字の問題は時代によって変わるし価値観によっても違う。
当時は、揶揄を込めての漫画という言葉だった
ライトノベルってそうじゃん
ライトだから、くだらない小説ってバカにしてる奴らは言ってるやろ?
でもライトにそんな意味ないから
確かに手ごろなって意味はあるけど、だからくだらないにはならないのと同じ
結局、ねじ曲がった俗世の価値観に基づいて解釈されるの

0 0
53. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:55:12 ID:MA==▼このコメントに返信

結局「研究されてるから」が原点になってる時点で新興宗教の信者と何も変わらないな
多分知識に乏しい理系の話になったらオボちゃんどころか水素水にコロッと騙されるタイプ
オウムの幹部も高学歴バカだらけだったのは有名

0 0
54. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:56:37 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>47
あと、漫って言葉にはしょうもないって意味があるからな
もちろん、だからって、くだらない画にはふつうはならないよ?
けど、何度も言うけど、今もライトノベルがライトなくそノベルってバカにされてるのと同じで、その当時の風潮を反映して言葉は変わる。
あの当時、海外のコミックが輸入されて日本で今の漫画の観念ができた当初は、大半の奴らが、もともと海外のものであったことからなのか、バカにしたニュアンスを帯びて、漫画を曲解していた。

0 0
55. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:58:58 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>53
だって俺理系じゃねーし
文系だから文系の話して何が悪いん?
あ? なんか言ってみろよ?
くそ

0 0
56. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 14:59:14 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

俺が評価してるから小説の「小」は高尚!
俺が馬鹿にしてるから漫画の「漫」は低俗!

こうですねわかります

0 0
57. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:02:06 ID:MA==▼このコメントに返信

※55
じゃあなんで文系の仕事しないの?

0 0
58. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:09:36 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>56
うーん、違うなwwww
さすが馬鹿wwww
もうちょっと読解力つけて俺の最高なコメント読もうぜ

0 0
59. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:13:16 ID:g3NDY1NTI▼このコメントに返信

>>58
>>50に対するコメントはよ

0 0
60. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:15:56 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>57
国語の教師になりたかったんだ、俺
でも、精神を病んで今は絶賛ニート中wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
悪い?
あ?
くそ

0 0
61. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:17:58 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>50
うーん、ソースなしって言われてもwwwww
俺にとっては一般教養レベルだしwwwwww
今さら、どうやってもとのソースを出したらいいのかわかんねー
やべー、頭いいってつれーwwwwwwwwwwwww

0 0
62. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:21:14 ID:MA==▼このコメントに返信

ああ「肥大化した自意識」ってよく文章ではよく見るけど現物は凄まじく哀れだな…

0 0
63. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 15:22:17 ID:YxMDM0NTY▼このコメントに返信

>>50
とりあえず自力で調べればwwww?
俺間違ったこと一つも言ってないからwwwww
まあ、バカな奴が調べてもちゃんとたどり着けるかは知らないけどwwwww

0 0
64. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 18:25:40 ID:M3ODM0NjQ▼このコメントに返信

国語の教師になれなかった程度の雑魚が何を言っても無駄だろ
精神病んでニートとかダサ

0 0
65. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月12日 22:19:46 ID:Q0NDA1Njg▼このコメントに返信

わりとためになる知識が飛び交ってて普通に感心したわ
調べたけどそんなに的外れでもないし

0 0
66. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月13日 00:59:21 ID:U1NDY0NTk▼このコメントに返信

ただ知能指数の低さが見受けられるのが辛いな

0 0
67. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月13日 23:31:00 ID:U4OTI5OTc▼このコメントに返信

衒学的、不遜、判読性不足、精神弱者
こういうタイプに教師は向いてないよ
生徒が不幸になる

0 0
68. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月14日 16:36:46 ID:g4Njg1MzI▼このコメントに返信

純文学の話なら兎も角、文学全般なら研究のお題としては何でもアリ。
「文学部」は作者の気持ちを考える学部ではなくて、他に分類できない木端の寄せ集めだと知らない子も多いのね。

0 0
69. 名無しのラノベ読者さん 2016年07月14日 19:55:17 ID:c1Mzk3OTY▼このコメントに返信

>>68
少なくとも、大学の文学部では、ほかに分類できない木端の寄せ集めという意義で文学を扱ってはいないかな。確かに文学を他の芸術(社会)と結びつけるときに、その文学の認識がかすむことはあるけど、文学は、自分と世界を表現する言葉の芸術、という定義だと思う。もちろん、それこそラノベや漫画を研究することも可能だと思う。けど、それは、文学としてというよりはあくまで社会的見地から文学と結びつけて研究する感じになると思う。漫画はどちらかといえば美術方面だろうし、ラノベはまだ歴史が浅いからその単体の文学として研究するにはまだ資料が足りない気がする。

0 0
70. 名無しのラノベ読者さん 2016年08月17日 00:20:21 ID:M4OTUwNQ=▼このコメントに返信

>>25
残念、今は絵が上手い人なら投稿サイトに腐るほどいるんだよね
話が旨い人が貴重
あと漫画家は分業だから極論自分の絵はそこまで気にしなくていいかと

0 0

不適切なコメントは禁止です