【OVL文庫】 2016年3月発売の表紙とあらすじが公開 「灰と幻想のグリムガル8巻」「神話伝説の英雄の異世界譚4巻」「アルカディア=ガーデンⅠ」「戦華の舞姫2巻」 ほか

  • 10
  • 0
オーバーラップ文庫

アルカディア=ガーデンⅠ~Age of heaveN~ 
著:柳野かなた/「理想郷」Project キャラクター原案:海島千本 イラスト:猫鍋蒼 コンセプトデザイン:吉村正人
アルカディア
 
ここはかの英雄が世界を破滅より救った空中都市《アーケイン=ガーデン》。
かつて存在した「地上」は闇に汚染され、生きとし生けるものの世界は、
天上の大海原へと移っていった。冒険者達は飛空挺で旅をし、
魔の眷属を倒し人類圏を拓き――それはグレイ・アクスターも同じくだ。
「スリヤっ! 行ったぞ」「分かってるっ、大繁盛だねっ!」
彼は今日も精霊族の少女・スリヤと共に《導書院》から発布される
掃除(スイープ)の依頼へと赴いていた。
冒険者としては未熟ながらも日々の仕事をこなすある日、
彼らが出遭ったのは警戒の呼びかけがされていた、かつて英雄が滅ぼした邪神たる
《這い寄る闇》の核《黒の破片》を得た眷属で!?

三つの塔の物語
著:赤雪トナ イラスト:藤ちょこ
三つの塔の物語

とある村、少年フーズと少女イサラとフィスタは何気ない日常を過ごしていた。
村の年下の面倒を見ながら村から少し離れた川で遊んでいたのだ。
そして間もなく事件が起きる。村へ戻る道中、何者かに襲撃され、
光の球体がイサラに命中してしまったのだ。
それは10歳という若さで時を止めてしまう魔法で……。
そして時は過ぎ――三年後。フーズとイサラは呪いを解くアイテムを得るため
王都にある「塔」を目指すことに。王都に到着し、いよいよ塔に……と思いきや、
道中、追っ手に追われ慌てた様子の二人組にぶつかってしまう。
訳も分からず、なすがままに手助けするフーズは
その二人に「仲間にならないか?」と提案され!?

最果てのパラディンⅠ死者の街の少年
著:柳野かなた イラスト:輪くすさが
最果てのパラディン1


かつて滅びた死者の街――人里離れたこの地に一人の生きた子供、ウィルがいた。
少年を育てるのは三人の不死者。豪快な骸骨の剣士のブラッド。
淑やかな神官ミイラのマリー。偏屈な魔法使いの幽霊のガス。
彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ少年は育てられる。
そしていつしか少年は一つの疑念を抱く。「……この『僕』って、何者なんだ?」
ウィルにより解き明かされる最果ての街に秘められた不死者たちの抱える謎。
善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。
「約束だ。ちょいと長いが、語ってやる。多くの英雄と俺たちの死の……、
そして、お前がここで育った話でもある」
――その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。

戦華の舞姫〈弐〉 氷華ノ姫君ハ謳ワナイ
著:岸根紅華 イラスト:猫鍋蒼
戦華の舞姫

帝国との戦闘から数日、アルはエシャンテの事や、帝国の動向を探りながら過ごしていた。
そんなある日、アルはリリシアを呼び出し、うやむやになっていた魔王の事を問い詰める。
観念したかのように、彼女は魔王の封印の事を話しだす。サキュバスの少女が言うには、
魔王の再封印には七人の舞姫(ディーヴァ)の協力が必要で、七人の舞姫と
【神への反逆(リベリオン)】をしなければ、あと数年で封印が解けて、魔王が復活して
しまうと言われる。そしてアルはこの国にいる舞姫でまだ【神への反逆】を
していないフィーナと【神への反逆】しようとするが、なぜか避けられてしまい!?

神話伝説の英雄の異世界譚4
著:奉 イラスト:ミユキルリア
神話伝説04
 
第六皇女・リズの敗退、《軍神乙女》アウラの孤立――。
その知らせを聞いた比呂は急ぎ帝都へ帰還する。
しかし、皇帝から拝したのは「アウラを見捨てよ」という無慈悲な下命だった。
《軍神》に届きうる才を失う痛手を避けるべく、
比呂は僅かな兵を率いて出立を決める。行き先は戦場のフェルゼン属州ではなく、
裏で糸を引くドラール大公国――。一方、敗北し囚われの身となったリズは、
グランツ大帝国に復讐を誓う亡国の皇女・スカアハと対面を果たす。
怒りを露わにする彼女が携えた槍の名は《氷帝》――《炎帝》と相反する
属性を持つ氷槍で!? 果たしてリズは比呂と再会することができるのか……!?
激動の第4巻、開幕!
 

灰と幻想のグリムガルlevel.8 そして僕らは明日を待つ
著:十文字 青 イラスト:白井鋭利
幾多の危機を越えグリムガルへの帰還を果たしたハルヒロたち。
しかし、戻ってきたとはいえ、出口の先は人間族の勢力圏から
遠く離れた土地だった。偵察に出たハルヒロとユメは、
幸運にもクラン「暁連隊(DAYBREAKERS)」に所属する〝颱風(タイフーン)〟
ロックスたちと出会う。だが彼らはある目的のため、
オークや不死族の集団と戦っており、ハルヒロたちも、
更には残っていたランタとメリイ、クザクとシホルの4人も別々に行動し、
戦闘に巻き込まれてしまう。
ようやく戻ってきた世界でも、待っていたのは仲間と更なる出会いと戦いだった。
灰が舞い、幻想を越えた先に何が待つのか、いまはまだ誰も知らない。


オーバーラップノベルスなど他のラインナップはこちらから
アルカディア=ガーデン表紙いいね 

アルカディア=ガーデンI ~Age of heaveN~ (オーバーラップ文庫)
柳野かなた/「理想郷」Project
オーバーラップ
売り上げランキング: 4,101

ラノベ発売日 > 新刊ラインナップラノベレーベル > オーバーラップ文庫灰と幻想のグリムガル神話伝説の英雄の異世界譚アルカディア=ガーデン戦華の舞姫

「新刊ラインナップ」カテゴリの最新記事

「オーバーラップ文庫」カテゴリの最新記事

コメント一覧

1. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 12:09:42 ID:cxNDY2MTg▼このコメントに返信

オーバーラップ文庫の表紙はいつもセンスで溢れてるのにクロの戦記はなぜああなった・・・

0 0
2. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 12:43:50 ID:I2MTE2NzY▼このコメントに返信

センスで溢れてる???いつ?

0 0
3. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 13:06:30 ID:M3NjkyMzQ▼このコメントに返信

まあ、センスのいい表紙で売れるなら、誰も美少女推しの表紙なんかやらんよな

0 0
4. 名無しのレーベルさん 2016年03月03日 13:45:21 ID:c5NDgxMzM▼このコメントに返信

グリムガルとか最果てとかアルカディアとか異世界迷宮の最深部を目指そうとか良いじゃないか
感性が違ったらすまない

0 0
5. 名無しのレーベルさん 2016年03月03日 14:30:49 ID:E5MzkxNjI▼このコメントに返信

竜殺しの人、次回作はオーバーラップで書くんだ……。
新作かな?

0 0
6. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 14:38:58 ID:U0NTc2MTU▼このコメントに返信

なんだか地味な作品ばかりだな・・・
まあ、いいや 読みたいやつが読めよ

0 0
7. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 15:08:08 ID:gyOTY2ODE▼このコメントに返信

最果てのパラディンは面白いよ

0 0
8. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 15:09:58 ID:gyOTY2ODE▼このコメントに返信

※6
別に地味じゃなくね?
お前にとって何をもって派手な作品なの?

0 0
9. 名無しのレーベルさん 2016年03月03日 16:06:11 ID:M3NzY0NjA▼このコメントに返信

パラディンの表紙かっけえ

0 0
10. 名無しのラノベ読者さん 2016年03月03日 17:00:22 ID:k0ODgzODM▼このコメントに返信

パラディンはスコップされてたやつだが評判よかったね 
神話は序盤はけっこすきというか設定で妄想がそれなりに捗ったが途中から読まなくなったな

0 0

不適切なコメントは禁止です